読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サメ美の行き当たりばっ旅

サメと旅行と劇団四季が好きな三十代女性です

治安を気にしすぎて変な人に

パリで安全に過ごすために、私はかなり熟考しました。

若干、間違った方向に進んだ気もしますが。

 

ビビりの私がどのような対策をしたのか、

参考になれば嬉しいです。最悪、反面教師にしてください。

 

f:id:raichishark:20141008233804j:plain

 

★バッグについて

当然、2個持ちです。

上着の下に小さなポシェット?を仕込みました。※写真参照

f:id:raichishark:20141008233652j:plain

 お金とクレジットカードを分散させるためです。

 

外側のカバンは大きめの斜め掛けカバンでした。

「斜め掛けカバンは旅行者の目印になる」という情報や

「斜め掛けカバンが一番安心だ」といった情報もあり、

どっちなんじゃぁぁああー(*`Д´)ノ!!!

と戸惑いながらも、

カバーの付いた斜め掛けカバンにしました。

 

しかも、財布&スマホ等が入ったポーチは、

チェーンでカバンに括り付けました。

 

これで、簡単にはスラれまい!!!と、

ダサさと引き換えに安全を選んだのでした。

 

★街歩きについて

 

方向音痴の私は地図から目が離せません。

しかし、街中で地図を広げると…

「あいつ観光客だぜ!カモが来た~( ゜∀゜)」

となり、

スマホで現在地を確認しようとすると…

「あいつスマホ持ってるぜ!盗んじまおう~( ゜∀゜)」

となるのです。

大袈裟?用心に越したことはないのです!!

 

なので、私は迷ったらすぐカフェまたは建物へ逃げ込んでいました。

お茶を飲みながら地図と道路を交互に見比べ、

「あぁ…困った…(´Д`|||)」という顔をします。

すると、お店の人が大体助けてくれました(笑)!!!

やさし~い♪

味をしめた私は、過剰な「困った演技」をするようになり、

その都度店員さんに助けてもらっていたのでした。

ちなみにこれは、「捨てられた子犬作戦」と呼んでいました。

子犬をイメージしたのは私だけで、店員さんは恐らく

「この変な客、早く出て行かないかな…(-_-)」と思っていたのかもしれません。

 

でも街歩きでは一度、冷やっとしたことが…。

 

迷っている時にうっかり人通りの少ない小道に入ってしまいました。

すると反対側から黒人男性が歩いてきます。

警戒していましたが、すれ違いざまにその男性は私の腕を掴みました!

「ノォォォォオオオオ(ノ`△´)ノ!!!」

(※ムカ着火ファイヤーーーー!!!)

と、手を払うと男性はすごすご去って行きましたが、

やはり小道は危ない!と思った出来事でした。

 

★地下鉄 

f:id:raichishark:20141008222436j:plain

パリの地下鉄もスリ被害が多いことで有名です。

日本語で「スリに注意してください」とアナウンスが流れるほど!

でも、パリ観光に地下鉄は超便利なので、使わない手はありません。

なるべく観光客に見えないよう、さも「いつも乗ってますけど?」

という顔で乗っていました。

「座ったほうがスリ被害にあいにくい」という事だったので、

なるべく座るようにしていましたが、混雑しているとそうはいきません。

 

「あぁ~私立ってるよ~!

どうしよう狙われちゃうー!!!!(×_×;)」

 

そこで私が考えるに考え、とった行動……。

 

 

「ハァ…………(´°Δ°)=3」

 

 

めっちゃ、溜め息ついてみました(笑)!!!!

 

「グッドアイディア!観光客がこんな深く溜め息つかないでしょ!!」 

と、思っていました。当時は。

 

…さぞかし、謎なアジア人に見えたことでしょう。

 

 この他にも夜遅くまで出歩かないとか、(22時には帰っていました)

早歩きする、スリ集団は聞く耳もたずスルーするなど、

涙ぐましい努力により無傷で過ごすことが出来ました。

 

なんか、パリから帰ってきたら演技力あがったかも。