読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サメ美の行き当たりばっ旅

サメと旅行と劇団四季が好きな三十代女性です

オペラ座の怪人~昼ドラ編?~

オペラ座の怪人』に続編があるのを知ってますか?

『Love Never Dies
オペラ座の怪人と同じく、アンドリュー・ロイド=ウェバー様が作曲です。

f:id:raichishark:20141115200402j:plain

劇団四季では舞台化していませんが、
2014年の春に東京でも上演されました。

うっかりしてて見に行きませんでしたが( ´△`)
その頃はね…あんまり記憶がなくて…。

『何してたっけなー』って、
スケジュール帳を見てみたら、
休日の予定に『荷物が届く』しか
書いていませんでした。


『記憶がない』っていうか、
『充実感がない』ですね。


でも、縁があってオーストラリア舞台版のDVDを
お借りすることが出来たのです!
同業他社の三十代、劇団四季好きの女性から。
最初に会った時、『私か(゜д゜)?』と思いました。


ワーイワーイ!さっそく見よー!!
と、思いました……

が(笑)!!


※ここから先は盛大にネタバレしていますm(__)m


『この目で見るまで結末を知りたくない!』
『切ないイメージを壊したくない!』
『昼ドラは苦手!』
という方は、戻りましょう。







……戻りましたか?







さて。

この続編、ニューヨークから始まります。

もうすでに、『オペラ座の怪人』ではない(笑)。
ファントムはクリスティーヌに逃げられた後、
ニューヨークの劇場へ引っ越し、
芸術家として過ごします。

その手伝いをしたのは
マダム・ジリーと娘のメグ・ジリー。


やっぱり、繋がってたんかーい(*`Д´)ノ!!!

そこへクリスティーヌがラウル&息子と共に、
パリからはるばる劇場に歌いに訪れます。



何故か?





ラウルがギャンブルで作った借金を、
返すためです!!!!

…あの勇敢で、さわやかで、優しい、
金持ち風のラウルはもういないのです。

ラウルは酒に溺れ、生活をするためには
クリスティーヌが歌うしかありません。


そう。『愛』だけでは食べていけないのです。

クリスティーヌとファントムは再会を果たします。


ギャンブルと酒に溺れた、落ちぶれた夫より
芸術家として才能を発揮している男のほうが、
魅力的に見えるのは当然ですね。


クリスティーヌはファントムを選びます。


ファントム派の私としては、これは嬉しい(*´∀`)
でも、ファントムは報われないほうが
可哀想でキュンとしますね。(←鬼畜)


それを許せないのがジリー親子です。
メグ・ジリーはいつの間にかファントムに惚れこみ、
クリスティーヌに嫉妬


マダム・ジリーは
『散々世話になっておいて、
我々への恩返しが先だろゴラーι(`ロ´)ノ!!』
と怒ります。



そして恐ろしい新事実が……。


クリスティーヌの息子は、
実はファントムとの息子だったのです!!


……ただよう昼ドラ感(笑)。


でもね、音楽は素晴らしいんですよ!
切ない曲や、クリスティーヌのソロ曲も美しい!
ファントムもかっこいいし……!


昼ドラ感を受け入れられる方は、
お試しあれヽ(・∀・)ノ!!!